還元型Q10

ほかの感想を見る

お肌も髪も胃腸も卵子も、すべて細胞でできています。年齢とともに老化=酸化する細胞には、Q10でエイジングケアが必要です。

コエンザイムQ10には、酸化型(ユビキノン)と、その還元型(ユビキノール)の2種類が存在します。体内のコエンザイムQ10の大部分は還元型です。酸化型は体内で還元型に変換されて、はじめて体の中で働きます。しかし酸化型を還元型に変換する力は、加齢やストレスにより低下します。

ウーマンコムは2003-2013年はゴールドスタンダードの日清ファルマQ10を、2014年からはカネカ還元型Q10を採用しています。

本品はカネカ還元型Q10を一粒に100mg配合。さらに天然型ビタミンE 67mg、安定型ビタミンC 10mgを配合しています。すべて日本国産原料、安心の日本国内製造です。

天然型ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。ビタミンEの抗酸化作用はビタミンC、コエンザイムQ10などとの共役反応によって、効率よく発揮されます。

ビタミンEは八種類ありますが、血液や細胞膜に含まれるビタミンEの約90%は、αトコフェノールです。ウーマンコムは生理活性がよい天然型のαトコフェノール(d-αトコフェノール)を配合しています。

安定型ビタミンC

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。ビタミンCは、熱、光、酸素に対して弱いという欠点があります。また、一度にたくさん摂ると、尿と一緒に体の外に排出されます。

そこで酵素の力で開発されたのが、安定型VC(L-アスコルビン酸2-グルコシド:アスコフレッシュ)。体の中でゆっくり分解されるので、たえず新鮮なビタミンCを体内に供給してくれます。

飲む量と時間の目安は?

一日一粒を食後に。Q10は、少量だと小腸内の微生物などが吸収してしまい、体内まで届きません。一度にたっぷり100mg摂取しておけば、小腸内で横取りされても、残りが体内の細胞まで届きます。

妊活中、妊娠中、出産後は?

Q10は体内に広く存在し、通常の食材からも摂取するので、妊娠前から出産後も大丈夫です。さらにビタミンEは「妊娠のビタミン」「若返りのビタミン」。積極的に摂ることが大切です。

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」の二種類あるのをご存知ですか。以前はほとんどが「酸化型」でした。しかし、もともと体内で作られるQ10は「還元型」なのです。「酸化型」を摂取した場合、体内で「還元型」に変換してから効果を発揮します。
加齢や病気、ストレスなどにより、「酸化型」から「還元型」に変換する力は低下します。そこで私たちは、体内ですぐに使える「還元型」Q10を選びました。「酸化型」で実感できなかった方でも、実感できる成分です。