マカと女性ホルモン
マカをインターネットで検索したら、マカに女性ホルモンのエストロゲンが含まれていると書いていました。本当ですか?

"マカ"をインターネットで検索するとよく目にするキーワードに"エストロゲン"があります。
このエストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンの一種です。女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、この2つのホルモンが協力して働くことで、月経・排卵・妊娠・出産・更年期が上手に迎えられる、女性らしい体がつくられます。

「卵胞ホルモンエストロゲン」の主なはたらき

  • 精子をGetするために、子宮頸管の分泌液をふやす
  • コラーゲンの生成を助け、肌のハリやうるおいを保つ
  • コレステロールを調節して動脈硬化を防ぐ

「黄体ホルモン」の主なはたらき

  • 受精卵が着床しやすいように、子宮内膜をととのえる
  • 着床後に、妊娠の継続を助ける
  • 食欲増進や基礎体温を上昇させる働きも

この女性らしい体づくりに欠かせない女性ホルモン。激しい運動をすると分泌されるアドレナリン、血液中の糖の代謝を助けるインスリンとおなじく、体内でアミノ酸から作られる化学物質です。

ということは……ご質問の答え

自然界ではぐくまれた植物のマカは、ホルモン類を含みません。

ですから、『マカには女性ホルモンが含まれているから、飲んだらホルモンバランスが崩れて体調が悪くなる』な~んて心配はご不要です。

では、どうしてこんなうわさが立ってしまったのか?
それは、マカにはホルモンの元となるアミノ酸などが豊富に含まれているからかもしれません。

普段からなんとなく体調が思わしくない方は、慢性的な栄養不足状態の場合がほとんどです。そこに各種アミノ酸やその他の栄養もたっぷりのマカを飲み始めると、少しずつ栄養不足が解消されて、本来の"カラダの元気"がもどってきます。「本来の元気=ホルモンバランス好調」です。
ホルモンバランスが好調だと、生理不順、イライラ、冷え、肌や髪のパサパサなど、ホルモンバランスの乱れからくる悩みは起きません。

きっとマカを飲んでいる方々がだんだん元気に、そしてより"女性らしいカラダ"になっていくのをみて、誰かが『飲むだけで変化が起こるはずがない!マカにはきっと何か入ってるに違いない』と邪推されたのかもしれませんね。