粉末を【袋にどさっと入れただけ】or【一回分ずつ個包装】の製品 カラダに優しいのはどっち?

マカをはじめ、高麗人参や生姜、コラーゲンなどのサプリメントには、大きく分けて二種類の製品があります。ひとつは【一回分ずつ個包装】の製品。そしてもうひとつは、粉末を【袋にどさっと入れただけ】の製品。とくにネット通販の安売り会社は【袋にどさっと入れただけ】のものを、「原料売りだから安いんです!」といった謳い文句で販売しています。

そこで今回は、粉末を【袋にどさっと入れただけ】or【一回分ずつ個包装】の製品、カラダに優しいのはどっち?をテーマに考えてみました。

そこで今回は、粉末を【袋にどさっと入れただけ】or【一回分ずつ個包装】の製品、カラダに優しいのはどっち?をテーマに考えてみました。

ウーマンコム製品が【一回分ずつ個包装】である3つの理由 1.測る手間なし!毎回きっちり一回分の量 2.湿気・酸化・細菌繁殖を防ぎ、最初から最後まで同じ品質 3.安全を追求するため、製造・分包に手間を惜しまない

1.測る手間なし!毎回きっちり一回分の量

【一回分ずつ個包装】の製品は、当然一回分ずつの量がきちんと入っていて、いつでもどこでも手軽にさっと飲めます。

サプリメントは、なにかしら体に働きかけるもの。成分によっては、多く摂ると体に影響を与えすぎたり、逆に少ないと意味がなかったり、どの製品にも一日分のおよその目安量が決まっています。
【一回分ずつ個包装】の製品は、その目安量を、間違いなくきちんと摂ることができます。

それに対して、粉末を【袋にどさっと入れただけ】の製品は、たいてい「今なら便利な計量スプーンプレゼント!」と計量スプーンを付属し、毎回はかるよう指示しています。しかし飲む度に計量スプーンではかっても、手作業では、やはり計量誤差が発生しやすくなります。

2.湿気・酸化・細菌繁殖を防ぎ、最初から最後まで同じ品質

【一回分ずつ個包装】の製品は、箱を開封して最初の1包から最後の1包まで、まったく同じ状態です。たとえ飲むのをしばらく中断して再開したときも、おなじ品質のものを飲むことができます。

アルミの個包装は、防湿性・遮光性・ガスバリア性(空気を通さない性質)があるので保存方法に左右されず、ずっと一定の品質を保つことができます。

空気中の酸素、窒素、二酸化炭素、水蒸気といった気体は、食品や医薬品、サプリメントの鮮度や品質に大きな影響を及ぼしています。包装の外部(空気)からの品質低下を招く要因を遮断する働きを「ガスバリア性」といい、品質を維持するためには、ガスバリア性に優れた素材で包装する必要があります。

それに対して粉末を【袋にどさっと入れただけ】の製品は、飲み進むにつれて計量スプーンでは取りづらくなり、最後のほうは袋の隅の粉末を掻き出すのもめんどうに。しばらく飲むのを中断して再開すると、変色していたり固まっていたり、『こんな味したっけ?』なんてことも。

これは開封する度、計量スプーンでかき混ぜる度に、細菌が入るから。とくにサプリメントは栄養がたっぷり含まれている分、細菌にとってもごちそうで、一度細菌が入るとどんどん繁殖していきます。細菌の繁殖だけでも十分心配ですが、水滴や湿気による劣化も起こります。梅雨時期のジメジメした空気や、ぬれたままのスプーン、唾液のついたスプーンは、さらに菌が繁殖する元。粉末がしけってモロモロに固まってしまいます。

ちなみに、保存には便利なラミジップ(チャック式)製品ですが、完全密封ではありません。さらに、チャックは開封するたびに緩くなっていきます。チャック式だからと安心していたのに、ひさしぶりに開けたら"ふりかけ"がしけってた、なんて経験ありませんか?

3.安全を追求するため、製造・分包に手間を惜しまない

粉末を【袋にどさっと入れただけ】の製品を販売する会社は、「製造や加工のコストを抑えているから安い」、「加工をしない素材は、体に優しい」などと宣伝をしています。しかし、本当にそうでしょうか。
"2."で書いたように、粉末を【袋にどさっと入れただけ】では、いつでも衛生的な品質を維持することはできません。

たしかにサプリメントの素材を粉末のまま、加工もせずに袋に詰めるだけで販売するのはラクで、カンタンで、コストもかかりません。しかし、省いてはいけない手間とコストがあります。"口にする物は、安心・安全でなければならない"、そのための手間とコストは惜しむべきではないと、ウーマンコムは考えています。

たとえばマカ。いくらアンデス高原の農家の人々が、心をこめて丁寧に栽培・収穫しても、そして有機JAS認定を受けたとしても、皆さまにお届けする最終工程で手を抜いて、粉末を【袋にどさっと入れただけ】の製品にしてしまっては、元も子もありません。

マカは豊富な栄養をバランスよく含んだ、体にとてもよいものです。
よいものだからこそ、手間ひまかけて、必要なコストもしっかりかけて、皆さまへ"安全"で"最初の1包から最後の1包まで品質の変わらない" "飲みやすい状態"にしたものを届け続けることが大切だと考えています。

粉末を【袋にどさっと入れただけ】or【一回分ずつ個包装】の製品、まとめ

とにかく安ければいいという方は、無駄なコストを抑えている、加工賃がかからないから安い、と宣伝をする、粉末を【袋にどさっと入れただけ】の製品を選ぶでしょう。

しかし健康になるために、体のために飲むのなら、安さだけで選ぶのではなく、ほんのちょっとだけ高くても、製造ラインがしっかりしている"安心"で"最初の1包から最後の1包まで品質の変わらない""飲みやすい状態"にした【一回分ずつ個包装】を選びましょう。

粉末を【袋にどさっと入れただけ】で【サプリメント】と称するものを選ぶのはイエローカード!

体にあわないのか、菌が繁殖して傷んだのか。

ネットでマカを検索すると、「マカが体にあわない」「マカでお腹を壊した」といった話を目にすることがあります。その度に『一体どんなものを飲んでしまったのだろう』と、疑問と心配をしています。

思い返してみると、ネットでこうした話が出だしたタイミングは、様々な会社から安価な【袋にどさっと入れただけ】のマカ製品が販売された頃でした。あくまで仮説ですが、マカが合わないと感じたケースの多くは、マカが合わなかったのではなく、製造販売元や購入者の保存方法が悪く、傷んだものを飲んでしまったのではないか、と私は考えています。

もちろんすべての人に100%あう、ということはありません。とはいえマカは、大根やブロッコリーとおなじアブラナ科野菜なので、体に合う合わないはあまりないからです。

マカは根菜なので、元々土にいる菌がついています。栄養も豊富なので、雑菌が繁殖しやすいデリケートな原料です。日本国内で滅菌を行わなかったり、菌の残留検査をしなかったり、粉末を【袋にどさっと入れただけ】では保存状態も悪くなり、すぐに傷んでしまいます。しかしサプリメントは味や匂いを楽しむものでもないので、違いに気づかずグッと飲んでしまうことも・・・。

ウーマンコムのマカは、日本国内の有機JAS認定工場にて蒸気による滅菌を行なっています。そして健康食品GMPの認定工場に運び、入念に菌の残留検査を行った後、製品を製造します。

サプリメント先進国のアメリカでは、健康食品の製造にはGMPが義務づけられ、GMPの認証のない製品は販売が禁止されています。日本でも、厚生労働省がサプリメントを選ぶ際は、健康食品GMPマークがついた製品を選ぶよう推奨しています。

健康になるための健康食品を飲んでいるつもりが、傷んだ不健康な健康食品を飲んでいたら意味がありません。

有機JAS農林水産省、健康食品GMPは厚生労働省、管轄がちがうよ!

コラム ― column ―

ウーマンコム製品の製造は・・・

ウーマンコム製品は、健康食品GMPの認定工場で製造。充填室(原料に触れることができる部屋)から包装室(原料に触れることができない外装作業の部屋)に圧力差を作り空気を逃がす設備を備え、さらに送風装置にはヘパフィルタ(空気中からゴミ、塵埃などを取り除く、とても高性能のフィルタ)を備えています。

医薬品レベルのとてもクリーンな部屋で1包ずつ個包装しているので、皆さまに安心してご利用いただくことができます。